優しかった継母が自分の子を産んだ途端に豹変!!
互いのためにと別居を提案され 悠々自適な一人暮らしを始めたものの その部屋はなんと・・・

表紙もいつものように担当しております。
よろしくお願いいたします。

●伊東爾子からのコメント●

表紙はめちゃくちゃ大変でした。
史上3位には入るかと思います。
なんたって人が5人出てきて、しかもちょっとフカン。
しかもご飯を食べている!

キャーー!!というカンジでしたが、
いやきっとこの真ん中のテーブルのとこには
字がいっぱい載るだろうということで
フフフ~ンという具合にサラサラ描いちゃったらば
なんと、なんと、上がってきた本を見たら
テーブルの上がどどーんとあいてるではありませんか!

こりゃびっくり。
こういう具合なのだったらもっともっと丁寧に描くべきだったと
色々反省しました。

作品について。

血の繋がらない母と子の話です。
実母もひどい上、後妻に入った人も
途中から豹変するというひどい生い立ちでした。

血の繋がった本当の子が生まれたら
血の繋がらない子に愛情が向かなくなるという人も
いるとは思いますが、ここまでひどい人だと
そんな親に育てられる実子もかわいそうになってきます。

前妻の子に愛情を注げなくなるかも…ということで
子どもを生まない選択をする人がいますが、
そんな風に考えられる人は、前妻の子でも
ちゃんと愛せるんじゃないかと思ったりします。